光彦「いいですよ灰原さん、その調子でしゃぶってください」